卒業生の活躍!

こんにちはブタ

 

特殊メイク学科小出です。

 

まずは、

こちらの記事をぜひ読んでいただきたいっひらめき

 

withnews[見た目問題]目

 

 

今回、朝日新聞社の記者の方から、お問い合わせいただき、

この「見た目問題」の記事の特殊メイクをしてくれる人を探している。

とのことで、特殊メイク専攻の卒業生がご協力させていただきました。

 

簡単に、内容を説明すると・・・

 

この記者の方は、顔のアザや、傷跡、変形など、

見た目で「あれ?」と思われたり、差別を受けた経験などがある方々を取材しています。

今回は、その記者さんが、実際に特殊メイクで、顔のアザをつくって街を歩いてみるという企画でした。

どういう感じ方や気持ちになるのか、そういった体験談などが記事になっています。

個人的にこの記事を読んで、最初は衝撃的でしたが、

とてもストレートに書かれていて、素直に興味や関心が持てるものでした。

 

また、今回、参加してくれた卒業生は、補助教員のノブくん。

顔のアザをリアル表現していて、記事を見ても、特殊メイクとわからないくらい。

映画などでは、傷などリアルな特殊メイクをすることは多いですが、

今回のように、その問題を抱えた人と一緒にお仕事をする機会は、

ノブくんにとっても、とても勉強になり、刺激になったようです。

 

記事のなかでは、メイク中の姿など、かっこよく取り上げてくださっていて、

卒業生の活躍をこんなに素晴らしい形にしてくれたことも感動でした。

(いつものノブくんとは大違いな真面目な顔を見れました猫2笑)

 

さらに今回、こういったご依頼をいただき、

このようなニュースにも触れられたことも、良い機会だったと思います。

 

普段、特殊メイク学科では、外部の方々とのお仕事は、

イベントや映画アシスタントや、バラエティ番組などがほとんどですが、

こういった形でも特殊メイクというものを広げることができるんだなと思いました。

 

ちなみに、今回は特殊メイクでアザをつくりましたが、

特殊メイクさんやヘアメイクさんは、アザや傷跡、

そのモデルさんのコンプレックスを目立たなくさせるのもお仕事のひとつです。

 

いろんな技術やお仕事があるな〜と、改めて思ったりもしたのでした。

 

ご関係者の皆様、ありがとうございましたぴかぴか (新しい)

 

 

そして、

特殊メイクって、どんなものだろう?

業界の話だけでも聞いてみたい!

という人は、下記のURLから体験授業のご予約をどうぞ!

 

春は、体験授業、たくさんやってます!

 

体験授業のご予約はこちらぴかぴか (新しい)

 

Instagramもチェックしてくださ〜いうまい! (顔)

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

TVAスタッフです。 学校でのイベントや授業風景など、様々な出来事を皆さんにお届けします! また、学校へのお問い合わせは「info@tva.ac.jp」までメール、またはフリーコール[ 0120-64-6006 ]までご連絡ください。

TVA Campus Diary