特殊メイクができるまで!

こんにちは。
特殊メイク学科助手の日比野です。

 

今回は特殊メイク専攻1年生の授業風景をチラッとご紹介します。

今、1年生は【フォームアプライエンスピースメイク】という課題に取り組んでいます。

 

特殊メイクはゴールまでに時間がかかるのです。

その過程をざっと紹介します。

 

まずは
①モデルさんを型取り→②彫刻→③彫刻を型取り→④ピースを抜く→⑤なんとなくのペイントをする→やっとメイクができる!
というわけであります。

なので、しっかりとスケジュールを組み、制作を行っていくことがとても大切なのです。

 

その様子を写真で見ていきましょう。

 

【①モデルさんを型取り】

こちらはチームプレーで行います!

 

【②彫刻】

粘土の厚みや表面の質感も考え彫刻を行います。

 

【④特殊な素材でピースを抜く】

ピースが出来上がり、教室では笑顔が溢れていました^^

 

【⑤なんとなくのペイントをする】

やっとここまできました。

ここからは

より良い作品が出来るように、様々な素材を試したり、違った方法でやってみたり。

試行錯誤お繰り返し・・・まだまだ大忙し!

 

 

思うようにいかず何度もやり直した彫刻、授業後も残って納得のいくまで頑張ったペイント、

そんな頑張りが実を結び素敵な作品がいくつも生まれました!

 

ではさっそくご紹介します!

 

 

こちらの作品、テーマとなった動物はチンパンジーです。

細かいしわの入り方など、よく観察をし表現することが出来ました。

特にこの陽気な表情はとても愛らしいですね!

 

 

こちらの作品、テーマとなった動物はイノシシです。

イノシシの特徴である牙は素材を変え、後付けしたようです!

食いしん坊で柔らかい印象になっており、世界観がみえてきますね。

 

 

こちら作品、テーマとなった動物はホワイトタイガーです。

筋肉の動きを意識し彫刻したようです。表情がしっかりと出ており迫力がありますね!

小道具の肉もリアルに完成され、作品制作に対するおもいが伝わってきます。

 

 

 

一人一人違う個性溢れる作品が生まれ、面白いですね!

 

メイク中のみんなの顔は、真剣そのものでした。

 

これだけの過程を終え、完成する特殊メイクは最後まで気が抜けません。

けど、とても面白いです!

 

今回は1年生の授業の様子でしたが、

インスタでは、作品の進行状況や授業の様子を随時更新中!

https://www.instagram.com/tva_sem/?hl=ja

チェック宜しくお願いします!

 

 

日比野

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

TVAスタッフです。 学校でのイベントや授業風景など、様々な出来事を皆さんにお届けします! また、学校へのお問い合わせは「info@tva.ac.jp」までメール、またはフリーコール[ 0120-64-6006 ]までご連絡ください。

TVA Campus Diary