特殊メイク学科最終制作作品〜映像・舞台メイク編〜

こんにちは!

 

 

特殊メイク学科の小出です牡牛座

 

今回は、2年生の最終制作、映像舞台メイク専攻の作品を紹介しまするんるん (音符)

 

 

ちなみに、映像舞台メイク専攻の課題は、

ヘアメイクアップアーティストとして、課題テーマに沿った、オリジナルの全身作品を制作します。

今年のテーマは

『Wedding』

 

これを聞くと、パッと結婚式の風景が頭に浮かぶかと思いますが、

婚姻の儀式は、国や宗教によって様々。

 

ベーシックな結婚式にとらわれず、学生たちはそれぞれにテーマを膨らませ、デザインを考えました。

 

規定は、白を基調とした作品である。花嫁の要素がわかる。

 

こういったところをポイントに講師の先生たちに採点していただきます。

 

当日のメイク風景はこんな感じでした!

 

グリッターをつけたり、まつげつけたり、

集中しております。

ピンクヘアのモデルさんはミュージシャン学科の1年生!

他学科からモデルスカウトしたり、モデル探しも重要です!

ヘアスタイルは、何回も練習やデザイン変更を重ね、いざ本番!

といったかんじです。

試行錯誤した結果が、とても伝わります!

モデルとのコミュニケーションもばっちり!

まさか、ここまでの大きさになるとは・・・笑

風船やボールで、こだわりの衣装制作!

ステージ上がる時も、風船が割れないかヒヤヒヤしました。

(本番のナレーションを読み忘れるくらい、ヒヤヒヤでしたね。しかし、

なにごともなく、無事だったので、なにより^^)

 

本番直前まで、集中です!

メイクの肝となるリップライン。

本番を前に緊張もあり、いつもよりも力が入ります。

 

 

 

 

さて、お待たせしました!

 

作品をいくつかご紹介させていただきます!

 

 

 

生山 聖望

「get back together 」

前日にドレスにレースを付け加えたりと、

最後までひらめきを大事に、試行錯誤を繰り返し、

こだわりが詰まった作品です!

デザインがモデルさんに、しっかりマッチしています!

 

佐々木 麻希

「ornament」

自分が、「かわいい」と思うものを大切に、

衣装制作から、ネイルの細部に至るまで、こだわりました!

周りのアドバイスもうまく取り入れ、素敵な作品仕上がりました!

 

内川 詩衣里

「戦う花嫁」

難しいよ・・・と言われていたフィンガーウェーブを見事に作りあげました!

モデルさんの髪が短く、大変だったことでしょう・・

衣装や小道具もリメイクを加え、世界観がしっかり伝わる作品になりました。

髙倉 紬

「狂信者の結婚式」

モデルは映像舞台メイク専攻の1年生!

先輩のモデルができるなんて、勉強になりますね〜

こちらも、ダークな雰囲気とゴシックの要素をうまくウェディングと融合させました!

 

ブ クィン フォン

「La nuit avant … 」

ヘアスタイルは、何回も練習を重ね、本番では素晴らしい仕上がりに!

本番が一番うまくいくって、達成感ありますよね〜

プレゼン時より、デザインもとてもよくなりました!

 

 

と、今回お見せできるのは、一部のみ・・・もうやだ〜 (悲しい顔)

 

2年生全作品は、

現在開催中のFinal Stage &  Exhibitionでご覧いただけます!

 

【Final Stage&Exhibition 2019】

2019年2月7日(木)~2月11日(月祝)

11:00~19:00

※初日7日(木)は14:00会場

※最終日11日(月祝)は17:00閉場

TEMPORARY CONTEMPORARY

http://www.space-tc.com/

東京都中央区月島1‐14‐7(旭倉庫2階)

月島駅7番出口より徒歩5分

入場無料

 

 

皆様のご来場、お待ちしております!

 

そして、学科のインスタやツイッターもチェックお願いします〜ぴかぴか (新しい)

 

Instagramはこちら晴れ

Twitterはこちらぴかぴか (新しい)

 

体験授業はこちらムード

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

TVAスタッフです。 学校でのイベントや授業風景など、様々な出来事を皆さんにお届けします! また、学校へのお問い合わせは「info@tva.ac.jp」までメール、またはフリーコール[ 0120-64-6006 ]までご連絡ください。

TVA Campus Diary