年に一度やってくるマス映最大の試練その1

どうも〜。マスコミ・映像学科 まつうらです〜手 (パー)

 

寒くなってきたからこの前ユニクロ Uのボアブルゾンを買ったら
学生とか講師の先生とかと被りまくっててウェーイグッド (上向き矢印)わーい (嬉しい顔)ってなってます。

でも街ですれ違う人と被ってるの気づくとちょっと恥ずかしくなるよね(照

 

で、本日は、

マスコミ・映像学科 毎年恒例

グループ制作のお話です!

 

マスコミ・映像学科では、後期に1,2年生合同の作品制作を行っています。
今日は出版・編集専攻のお話をペン

 

出版・編集専攻は、2つのグループに分かれて、それぞれが約60ページの雑誌を制作ぴかぴか (新しい)
まだ取材の真っただ中なので、ページとしてはお見せできませんが…

昨年度のグループ制作
グッド (上向き矢印)ちなみにこれは昨年度のグループ制作です)

 

A班は「アメリカのファッションや文化に関わるitな情報を提供」をコンセプトにした女性向けカルチャー誌化粧

B班は「現代的なエロ・グロ・ナンセンス」をコンセプトにしたカルチャー誌どんっ (衝撃)
(エロ・グロ・ナンセンスとは、煽情的・怪奇的・バカバカしいを組み合わせた語で、昭和初期の文化的風潮を示す語なんです)

 

……っていう、まぁ、毎年のことながら攻めてる雷雷雷内容なんですよ。出版のグループ制作は。

A班は、いっけんPOPに見せかけて、
ファストファッションが招く労働環境の問題とか、
ヴィーガンについてとか、
結構シリアスな内容を取り上げていますほっとした顔

B班は、そのコンセプト通り、
エイリアンと人間の恋をテーマにしたビジュアルページを作ったり、
ファンタジーだったり、エロだったり、リアルだったり
アート的に見せていく内容ですアート
(これ以上はよい子が見てると思うと言葉にできません!完成したものを待っててね)

 

で、このグループ制作の何がすごいって、

すべて企画は学生が考えているんですひらめき
わたしたち職員や講師はアドバイスはすれど、企画そのものに口出ししません。

 

だからこそ学生たちが掛ける熱量はハンパなくって、
写真学科に撮影をお願いし、
特殊メイク学科にメイクをお願いし、
声優・俳優学科にモデルをお願いし、
ときにはインスタグラムでモデル募集をし、

打ち合わせや撮影やインタビューやら、何かしら毎日学校で動いていますダッシュ (走り出すさま)

で、約60ページの進行状況をひと目で把握するために教室に貼ってあるのが
この台割(だいわり)と呼ばれるもの鉛筆
終わったページのマス目に色を塗っていき、すべて塗り終えたら完成の証となります。
このマス目を塗っていくのが楽しくて、モチベーションが上がるんですね〜グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

 

これからデザインの作業に入って、完成は1月下旬の予定です!

お楽しみに〜!

 

【おまけ】

この前写真学科のブログカメラに載っていた

ダッキーわたしも使ったよ
ダッキー。わたしもお世話になってました。
Photoshopの授業がある学科はだいたい通る道よね…パソコン

懐かしかったのでつい…ひよこ

 

ではでは!

 

オープンキャンパスのご予約はこちらから!

また、更新率高めのマスコミ・映像学科Twitterlovely
@tva_massもフォローミー!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

TVAスタッフです。 学校でのイベントや授業風景など、様々な出来事を皆さんにお届けします! また、学校へのお問い合わせは「info@tva.ac.jp」までメール、またはフリーコール[ 0120-64-6006 ]までご連絡ください。

TVA Campus Diary