資料請求
専門学校トップ > 学科ラインアップ > 特殊メイク学科 > 映像・舞台メイク専攻
学校法人/専門学校 東京ビジュアルアーツ
専攻イメージ

特殊メイク学科 / Special Effects Make-up Dept. 映像・舞台メイク専攻

他にない美しさと斬新さで、映像を彩る。

様々な映像メディアやステージに出演するモデル・俳優のヘアメイクは、その作品の完成度を左右するほどのチカラをもっていることがあります。映像・舞台メイク専攻ではヘアーアレンジやメイク技法に加えて、ボディペイントやピース(皮膚に貼り付けるパーツ)作成、かつら制作に必要な毛編みまで幅広く学び、市場価値の高い人材育成に取り組んでいます。

目指す未来の仕事

映画・テレビメイクスタッフ 舞台メイクスタッフ ほか

専攻イメージ
兵庫県出身 : 日下 咲良

胸に響く、熱い授業です!大阪府出身 : 田中 杏子

ビューティーメイクはもちろん、舞台メイクや特殊メイクと幅広く学べることが、この専攻の魅力です。舞台メイクの授業はまるで本当の現場のようで、とても緊張感があります。プロとして活躍されている先生の言葉ひとつひとつが胸に響きますね。いろいろな学科のクリエイターと交流できるのも、この学校ならではの魅力ですよ。

主なカリキュラムの内容と時間割例

最新のエアーブラシ技術を学べます。

よりきめ細やかなアートメイクを施せるエアーブラシのメイク技術学習をカリキュラムに取り入れています。さらに、特殊メイクの実習もカリキュラムに取り入れています。

時間割

主なカリキュラム

舞台メイク実習発色がよい、汗落ちしないなど舞台用化粧品の特性を把握し、舞台映えするメイクテクニックを身に付ける。キャストの役柄や舞台の規模による表現の違いなど、現場を想定した技術を習得する。

ヘアメイク実習(2年次)ヘアースタイリングとメイクアップをトータルに学び、1つの作品として仕上げる。作品制作を主体に行い、全体のバランス感覚をつかむ力を身に付ける。

エアーブラシ実習(2年次)エアーブラシを使用したアートメイクの実践。デジタルハイビジョン時代に対応したメイク手法を習得する。

※教育効果を考慮し、変更する場合があります。

学生作品

学生作品

本学科では、年間を通してオリジナル作品を制作。その作品モデルや写真が校内に展示され、来校される方々へ常にプレゼンテーションされます。結果、テレビ局をはじめ舞台・映画・イベント・ライブなどへの在校生スタッフのオファーが多くあります。

専攻・コース紹介

特殊メイク専攻 映像・舞台メイク専攻 造型・フィギュア専攻 特殊メイク学科
学科ラインアップへ
ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.