専門学校トップ > STAR★DREAM > 加藤 正人
学校法人/専門学校 東京ビジュアルアーツ
資料請求

TVドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』や、映画『暗殺教室』『暗殺教室~卒業編~』などで
特殊メイクでキャラクターを作り上げて行く

特殊メイクアップアーティスト 2012年卒業
2012年卒業 加藤 正人

1986年生まれ。高校卒業時、特殊メイクの世界を志すも「まずはお金を貯めるため」機械設計の仕事に4年間従事。22歳で東京ビジュアルアーツに入学し、特殊メイク学科で学ぶ。在学中から特殊メイクの仕事をはじめ、2012年より株式会社ソイチウムで活動。ドラマ『妖怪人間ベム』、『悪夢ちゃん』、映画『桐島、部活やめるってよ』など様々な作品で特殊メイクを担当。また映画『暗殺教室』、『暗殺教室~卒業編~』では現場チーフを務める。

憧れ続けた特殊メイクの世界。
今、そのおもしろさにどっぷり浸かっています。

「映画が好きで、中学生のときに『猿の惑星』を観たのが特殊メイクの世界を目指したきっかけですね」と、この世界との出会いを語る加藤。念願叶って、映画やドラマの第一線で活躍する忙しい毎日だ。監督からイメージや要望を聞き、キャラクターを作り上げていく仕事。アーティスティックな感覚と繊細な技術、その両方が求められる仕事である。「でもそれと同じくらい現場で重要だと思うのは、コミュニケーション力ですね。監督のイメージを汲み取る力が必要ですし、役者さんとのコミュニケーションも大事。映画もドラマも、チームで作り上げて行くものですからね」。将来は、アート作品としてのダミー人形の制作もやってみたい、とプライベートでも制作に没頭する毎日だ。

ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.