専門学校トップ > STAR★DREAM > 小倉 彩乃
学校法人/専門学校 東京ビジュアルアーツ
資料請求

映画『心が叫びたがってるんだ。』、アニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』、
『ふなのみくす2〜ナッシーバカンス沖縄篇〜』など、
映像に不可欠な音声を絶妙なバランスに整えていく

MAエンジニア 2014年卒業
2014年卒業 小倉 彩乃

1993年生まれ、神奈川県出身。株式会社キュー・テック所属。これまで映画『心が叫びたがってるんだ。』(特報)、アニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』(TVCM等)、DVD『ふなのみくす2〜ナッシーバカンス沖縄篇〜』、企業VPなどを担当。MAエンジニアという仕事を知ったのは東京ビジュアルアーツを見つけたとき。「アニメのアフレコ、ラジオの収録、そんな音との関わりもいいなって」。それが入学するきっかけにもなったそうだ。

ナレーションの収録、音源の管理、ノイズ除去
そしてお客様の指示に応えることも大切な仕事です。

アニメ、CM、PV、世の中に溢れる映像に欠かせないのが、音声である。そのバランス次第で映像が与える印象は大きく変わる。MAエンジニアの小倉彩乃はまさにその音声を最終的に整えるのが仕事だ。「私はまだアシスタントなので、ミキシングをする音声素材を揃えるのが仕事です。ナレーションを収録したり、音声からノイズを取り除いたり」。ただ、常に意識しなければいけないのはお客様だという。「だから、ナレーションの収録にミスがないように集中しながらも、お客様のリクエスト、収録したテイクの管理など、いろいろなところに耳を傾けておくことも大事なんだと、仕事を通して実感しています」。

MAエンジニアの仕事で
面白さを感じる瞬間は?

「CM、PV、企業から依頼されるVPなど、多いときには1日10数本を仕上げたこともあります。私が経験した作品の中で作業時間が長かったものは、3〜4日かかりました。同じことを繰り返すわけではなく、毎回違う仕事に取り組める新鮮さがいいですね。

東京ビジュアルアーツの2年間は
どんなふうに過ごすべきですか?

仕事を始めて痛感したのは、座学の大切さでした。実習で覚えた基礎的な技術と同じくらい求められます。学生時代にしかできない友人との交流を大事にするように、2年間で学ぶ全ての知識や技術の吸収にも貪欲になってほしいと思います。

ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.