ACTIVITIES OF CURRENT STUDENTS & GRADUATES在校生・卒業生の活躍

鈴木琉花
ダンス学科

アーティストさんを輝かせるバックダンサーになる

鈴木琉花 さん
#在校生

ダンサーコース

学年:1年生
出身高校:宝仙学園高等学校女子部

★学校生活についてお聞きします

学生生活でオススメの過ごし方は?

少し早めに学校に着いて、授業の復習をします!そして休み時間が来るたびに次の授業の復習をしています!お昼の時間が来たら急いでお弁当売り場に行き、私はカツ丼を購入します!お昼の間も、自然と自分のスキルの話やダンスの話をします。放課後は皆んなといろんな話をしながらゆっくり帰ります。学校にいる間は、常にダンスのことを考えている生活になります!


どんな勉強をして、何にチカラを入れていますか?

ストリートに必須なHip-hop、ハッピーにビートを刻むLock dance、リズム取りが命のHouseまたはB-bop、自分の体を知る身体概論、全身をコントロールするPoppin、一つ一つ丁寧におさらいするオーディション対策、ステップなどを体の使い方を知りながら動かすJazz、根性との戦いバレエ、他学科の知識も学べるマルチカリキュラム、表現力が豊かになるテーマパーク!これらのジャンル全てに、それぞれの学びがあるので今は着いていくのに精一杯です、、その中でもリズム取りだけは、どの授業でもしっかり取れるように力を入れています!


お気に入りの授業は?理由もお願いします。

Hip-hop、Lock dance、Poppin、Houseです!自分は今後ストリート系に進みたいと思っているので、特に力を入れている授業です。また、ストリート系に進むにあたってHip-hop、Poppin、Lock danceは必須だと思います。ダウン、アップやジャズにはないストリート特有の姿勢や足の掴み方、音の取り方をもっと学びたい!!と常に思います。


卒業するまでに身につけておきたいことは何ですか?

自分の周りにいる方々との接し方や距離の区切り方。意識の入れ替え。短い時間で高い完成度のものを出すこと。特にこの三つは身につけたいです。今のうちに接し方を覚えることができれば、これからどんな人と一緒になっても乗り越えられると思いました。また、自分の頭の中を素早く切り替えることができれば、ハプニングや急な変更にも動揺しなくなると思います。短時間で集中して高い完成度のものを出せる練習をしておくと、今後時間がない中何かを完成させなければならない時に役立つと思いました。


卒業後の目標を教えてください

アーティストさんを輝かせるバックダンサーになりたいです。そのうち、自分の憧れるダンサーさん達とも一緒に踊りたいです!また自分の強いジャンルを知り、人に教えることができるまでになりたいと考えています!


★高校時代のことについてお聞きします

専門学校に行こうと思ったキッカケは?

趣味としてダンスを続け、大学に入ることも考えました。しかし、私は机に向かって黙々と勉強することがとても苦手です。さらに、じっとしていられないタイプです。なので、じっとしていられないなら自分の体で動きまくれるダンスの専門学校に行ったらいいのでは?!と考え、専門学校に行こうと決めました。


学科・専攻・コースを選んだ理由は?

上記の内容と被ってしまうのですが、じっとしていられないタイプなので自分の動きで会話ができるダンスをもっと学べると思いました。そして、私は高校生の頃にダンス部に所属していました。私の高校では大会出場と、メディア出演、イベント出演などをたくさんしてきました。その中でも、緑黄色社会さんのバックダンサーをさせていただいた時、自分はバックダンサーになりたい!と強く思いました。また、自分の経験してきたことを存分に活かせる機会だ!と思ったので、ダンス学科ダンサーコースを選びました。


この学校を選んだ理由、決め手になったことは?

オープンキャンパスで体験授業を受けた時、授業の雰囲気や進め方、環境がとてもよかったです。また、先輩方や先生方がとても私にフレンドリーに接してくださりとても気持ちがよかったです。そして、ダンスを学びながら他学科の授業も受けられるという点にとても惹かれました。


CONTENT NAVIGATION

まずは…ACTION

東京ビジュアルアーツ 公式アカウント