ACTIVITIES OF CURRENT STUDENTS & GRADUATES在校生・卒業生の活躍

渡邊シンティア美加
写真学科

フォトグラファー業界に新たな風を吹かせられる存在になる

渡邊シンティア美加 さん
#在校生

クリエイティブフォトコース

学年:2年生
出身高校:東京国際フランス学園

★学校生活についてお聞きします

学生生活でオススメの過ごし方は?

私は毎日投資した以上のものを持ち帰ろう!という意識で学生生活を送っています。確かに用意されたカリキュラムを受け、課題を提出するだけでも卒業は可能ですが、実はそれ以上のことを学校は提供してくれています。それは機材の貸し出し、設備の開放、希望者向けの課外活動などです。業界と深く関わりのある学校だからこそ参加できるイベントもあるので、主体的に動き、早くから様々な経験を積むことがオススメです。


どんな勉強をして、何にチカラを入れていますか?

特に力を入れているのは技術の習得です。社会人になってからも学ぶことは多いと思いますが、学校では先生方のサポートがあり、失敗しても安心してやり直せる環境だと感じています。また、先生方は気さくな方が多く、コミュニケーションが取りやすいと感じます。そのため積極的に作品を見せたり、些細なことでも相談するようにしています。自分や同級生の持っていない観点からアドバイスをもらうことで、より作品のクオリティを上げられるよう努力を重ねています。


お気に入りの授業は?理由もお願いします。

お気に入りの授業はスタジオと暗室の実習です。一見全く関係の無い二つの授業ですが、ここでしか学べない技術を学べるという共通点があります。スタジオではプロのフォトグラファーから仕事や作品撮りに使える実践的なライティングの組み方を、暗室では現役の写真家から作品制作のイロハや色彩・明暗についての理解を深められます。どれも趣味で写真を続けていたら知り得なかった知識や技術なので、精力的に授業に励んでいます。


卒業するまでに身につけておきたいことは何ですか?

まず身につけておきたいことは写真撮影の技術です。学生のうちからしっかりと基礎を固めていくことで、将来より成長できるようにしたいためです。次に、博識な先生方や豊富なラインナップの図書室を活用して、写真の歴史や避けては通れない写真家についての知識を深めたいです。歴史を知ることで現代の流行りのより深い理解に繋がるため、これも作品制作には欠かせないと考えています。二年制は思ったよりも短い期間なので、恵まれた環境にいるうちに技術と知識を蓄えておきたいと考えています。


卒業後の目標を教えてください

卒業後はコマーシャルフォトグラファーになりたいと考えています。この目標は一年生の頃に定まったものですが、その時期から目標に一番近い企業へ就職できるように努力しました。今後は就職先の業界に新たな風を吹かせられるよう、仕事のみならずく個人の制作にも力を入れ続けたいと考えています。海外への関心も高いので、語学力を活かして広く活躍していきたいです!


卒業後の目標を教えてください
卒業後の目標を教えてください

★高校時代のことについてお聞きします

専門学校に行こうと思ったキッカケは?

実は高校卒業後、一年ほど大学に進学していました。しかしコロナ禍突入というタイミングで、オンライン授業制度の整っていない中での勉強は中々うまくいかず...。そこで10歳頃から趣味として続けていた写真を思い出し、不安定な世の中だからこそクリエイティブなことを始めてみようかなと考えるようになりました。


学科・専攻・コースを選んだ理由は?

幼い頃からカメラが身近にある環境で、長く趣味として写真を撮影していたため、学科は写真学科一択でした。専攻については、一年前期では全専攻共通の授業を受けるため、自分がどんな写真を撮りたいかを改めて考える期間があります。そのため入学時はライブフォトコース希望でしたが、後期に上がるタイミングでクリエイティブフォトコースに変更しました。このコースを選んだ理由は、各々が自分の撮りたいものを撮り、個別で作品についてのアドバイスを頂けるという点に魅力を感じたからです。


この学校を選んだ理由、決め手になったことは?

コンサートやライブハウスへよく行くため、ライブの撮影をしてみたいと考えていたところ、他校には無いライブフォトコースの存在を知ったのが一番のきっかけです。また、AOプレスクール(入学前授業)のおかげで大学からの切り替え期間中も遅れを取らずに勉強していけることも大きかったです。


CONTENT NAVIGATION

まずは…ACTION

東京ビジュアルアーツ 公式アカウント